バーで飲むことのこだわり

昔はひとりで行く行きつけのバーがあったほどなのですが、最近はアルコールを1滴も飲んでいないと言っても過言ではありません。
バーに行かなくなったのは主に家計の問題で、つまり私に収入がなくなったので自由にバー通いなんてできなくなったわけです。

 

ひどい時には月に18万円の収入があって使ったお小遣いが18万円ということが1度だけありました。
もちろん全額がバーでの支払いというわけではありません。

 

その頃はエステにも行っていてこの出費も大きかったです。
バーで飲むカクテルは1杯600〜800円程度、つまみを頼まないことはないですから安くても4000〜5000円は払っていただろうなと思います。

 

お酒を飲むだけなら家で飲んだ方が安いです。
でも私は家で飲むことがほとんどありませんでした。

 

バーのマスターも例えばワインでも「自分でワインを注いだ時点でもうそれは違いますね」と言っていました。

 

バーのダンディズムと言うべきものでしょうか。
それでも何かの祝い事などで家で飲む場合は足つきのグラスにしたら、それだけでも全然違いますよとアドバイスされていました。

 

最近たまにスーパーのお酒の棚などを見てカクテルが懐かしくなります。
でも家で飲むことは過去の自分の築いたダンディズムに逆らうことだと思い飲まないようにしています。